ページ

2011年5月7日土曜日

ユッケ


去る2011年4月27日、ユッケを食べ死亡者が出るという事件が起きました。
その後5月15日までに、死者4名、患者数171名に達するという大きな事件となりました。

そんな渦中にあって、自分の一番信頼しているお店は、どんな対応をしているのか、調べに行って来ました。
もちろん「肉人(下北沢店)」です。

開口一番「ユッケ、ありますか?」
「ありますよ」
「すばらしい!」
「今味付け2種類用意してるんです」
「うちの味付けは肉の味を楽しんでもらうために、薄味じゃないですか」
「でも他のお店みたいに甘くて濃い味付けをご希望されるお客様もいらっしゃるので、試しに用意してみてるんです」
というわけで、甘濃い系をトライ。
これは肉人がやるべきことじゃないね。
肉人でユッケ食べる意味がない。
とはっきりお伝えしました。

もちろん美味しいですよ。
でも元の味の方が絶対良いと思います。

肝心の生肉事件についても色々内部事情を教えて頂く。

つづいてこちらも存続が危ぶまれるレバ刺し……は遅い時間だったため売切れ。
なのでチレ刺し。
実は肉長の伊藤さんが一番推している刺身です。
量は少ないし、状態の良いモノはなかなか入荷が難しいそうですが、良いチレ刺しは、レバ刺しを超える美味さだと私も思います。

今まで他のお店ではほとんど使われなかった部位だったので、割と入荷が安定してたけど、最近人気が出てきたせいか、良いモノを入荷するのが難しくなってきたそうです。

こっそりレバ刺し。

肉人のカク切りレバ刺しを出すためには、カットしなければ行けない部分。
1人前は用意できないし、普段はお客さんに出す部分ではない端っこの部分ですがと、サービスしてくれました。
全く遜色なく美味しい。

事件以降お客さんの反応は、むしろユッケはいつもより量が出ているそうです。
肉好事家ばかりで最高!
自分で選んで食べてるんだから、お店に迷惑かけるなよ!


1 件のコメント:

  1. とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    返信削除